よくiPhoneを水没させてしまう場面とは?

iPhone水没には注意!どんなシーンでiPhoneを水没させてしまうのか? - トイレが一番多い水没場所

新着情報

◆2015/12/24
トイレが一番多い水没場所の情報を更新しました。
◆2015/12/10
iPhoneの不純物は水で取り除くの情報を更新しました。
◆2015/12/10
iPhoneを水没したときの流れの情報を更新しました。
◆2015/12/10
シリカゲルを使った乾燥法の情報を更新しました。
◆2015/12/10
塩水への水没は絶望的の情報を更新しました。

トイレが一番多い水没場所

iPhoneなどのスマートフォンは日常生活に不可欠な存在になりつつあります。
普及と同時に様様なサービスが出来るようになったiPhone。
それと同時に水没のトラブルも増えています。
いったいどんな場所でiPhoneを水没してしまうことが多いのでしょうか?

一番iPhoneを落としやすい場所

iPhoneはちょっとした時間にメールやSNSのチェックができる素晴らしい存在です。
そんなiPhoneを水没しやすい場所はトイレが多いようです。

トイレで用をたそうと思って、ポケットから出そうと思ったらスルリと便器の中に……
このようなトラブルが多く報告されています。
日常で誰もが感じてしまう『うっかり』とした行動。
これが一番現れてしまうのは、一番自然体のトイレの時間なのでしょう。

ほかにもあるiPhone水没場所

生活の中で水を使う機会は多く、iPhoneの水没トラブルも増えています。
トイレ以外にも洗濯や料理中にiPhoneを使っていて、落としてしまう人が増えています。

料理のレシピや洗濯のちょっとした知恵袋……
昔は本などを参考にして行われていましたが、iPhoneでこのようなちょっとした調べ物は簡単にできるようになりました。
それと同時に生活の中でiPhoneを濡らしてしまう機会も増えているようです。

iPhoneはとてもデリケートな存在

iPhoneは小さなパソコンのようなものです。
昔の携帯電話に比べて、非常にデリケートにできています。
ちょっとした水没が故障の原因になり、あなたの大事なiPhoneを壊してしまうかもしれません。
日常の中で水を使う場所はたくさんあります。
こうした場所でiPhoneを使うときは、水没のトラブルを視野に入れて行動するように心がけましょう。
水に弱いiPhoneを水没してしまうとデータが消えるだけでなく、起動すらできなくなる可能性もあります。
重要なのは、こうした場所でiPhoneを使うときに気をつけることです。
生活の中ではトイレや台所などで水没の危険がありますが、外ではどういう場所で多いのでしょうか?
そんな外でiPhoneを水没させてしまう危険性が高い場所を紹介していきます。

海での使用

夏休みになり海に出かけ、思い出の写真などをSNSにアップする人も多いでしょう。
そこで注意したいのは海の水没です。

海水は普通の水道水と比べ物にならないくらい塩分が多く、壊れる危険性が高くなります。
塩分のような不純物が多い水にiPhoneを水没すると、乾燥させても普及は難しくなります。

海水浴でiPhoneを持ち歩くときは、ビーチの傍で使用し、海に近づけないようにしましょう。
juyku

プール

海と同じように、プールでiPhoneを使う人も多いでしょう。
プールの水も海水と同じように、不純物が多く、水没してしまうと普及は難しいのが現状です。
普及の可能性があるとすれば、基盤の内部にプールの水が浸透しなかったか軽度の水没の場合くらいです。

ほかにもある危険な場所

ほかにも山や川に行けば、夏なら水遊びや釣りを楽しむ人もいるでしょう。
海やプールの水没も多いですが、水の多い場所では常の水没の可能性があることを自覚しましょう。

楽しい思い出をSNSに上げ、気持ちを共有するのは大切ですが、こうした場所ではiPhoneの使用を控えることをお勧めします。
せっかく楽しい写真を撮っても、水没してしまうと全ての情報が消え、iPhoneの買い替えが必要になるからです。

ホテルや車などレジャーに出かけたら水没の危険性がないところで、iPhoneのやり取りを行いましょう。
iPhoneを水没させてしまった場合は、早めにiPhone修理を行いましょう。