吉原ソープの遊び方

吉原ソープでおもいっきり遊びたい!!満足できるソープとは? - 吉原ソープの遊び方

新着情報

◆2016/11/24
吉原ソープの遊び方の情報を更新しました。
◆2016/11/21
吉原ソープの店舗選びのコツを新規投稿しました。
◆2016/11/20
吉原ソープに行くのならNSがいいを新規投稿しました。
◆2016/11/19
吉原は治安が悪いのか?を新規投稿しました。
◆2016/11/18
吉原には情報喫茶と呼ばれる仲介所が多く存在しているを新規投稿しました。

吉原ソープの遊び方

ukyf
吉原という言葉自体はソープ街と言うことで聞いた頃がある人もいるかもしれませんが、具体的な場所と言うのは分からない人も多いでしょう。浅草付近に吉原という地名がありませんので余計に分かりづらいでしょう。吉原と言うのは江戸時代に郊外に作られた遊廓の場所で、現在でいうと台東区千束四丁目付近になります。付近にある吉原大門交差点と言うのが唯一残っている地名です。吉原ソープを楽しむのであれば、楽しみ方について知っておいたほうがいいでしょう。

ソープとはどういうものか?

ソープと言うのは風俗の中でも本番行為が認められているもので、ファッションヘルスなどその他の業種は本番行為が認められていません。東京では吉原だけしかソープの営業が行われていません。お店としてはお風呂に入りに来たお客様を案内するだけというのが建前で、お風呂の中は女性と二人っきりなので何が起こっても分からないので、結果的に本番行為ができるのです。

ソープの支払いシステムは入浴料とサービス料に大きく分けられます。前者はお店に入るだけの料金で、サービス料は特殊なサービスのための料金です。入浴料だけで判断すること無く、総額で判断するようにしましょう。

吉原はどうやってソープ街になったのか?

吉原遊廓は江戸時代から続いていたわけですが、1957年に幕を閉じました。法律上禁止されていたのですが、そもそも需要があったわけですので、なかなか同様のニーズが無くなるわけではないでしょう。それからはソープランドの前身であるトルコ風呂が多くできてきます。お風呂に入りに来た男性に対して女性がマッサージを行うという名目で営業していました。

その後トルコ国から苦情が来たので、名称をソープランド(ソープ)として現在に受け継がれています。法律により現行の建物を使用するのであれば、ソープの営業はできるわけですが、新しく作るということはできなくなっています。

吉原へはどうやって行けばいいのか?

吉原のソープに遊びに行きたいということであれば、東京メトロ日比谷線の入谷駅や三ノ輪駅が最寄り駅なわけですが、徒歩で行くと15分ぐらいかかりますので、それほど近いというわけではないです。ほとんどの店では最寄駅から無料送迎サービスがあります。送迎場所から電話をすることで対応してくれます。送迎場所は上野や日暮里、浅草、南千住、入谷、三ノ輪ぐらいになるでしょう。ただし、激安店については送迎が無いところもあります。

送迎を頼む場合に注意しないといけないことは、あらかじめ風俗店を決める必要があるということです。送迎を頼んだらその店しか入れなくなりますので、現地に来て選びたいのであれば、自力で吉原まで行く必要があるでしょう。

吉原ソープの営業時間

吉原ソープの営業終了は24時になります。24時と言うのは受付時間ではなく、サービスの終了時間になるので、最終的な受付時間は22時もしくは23時のところが多いです。その代わり、日の出の時間からオープンしているところは多いです。この場合は季節によって差が出てくることが予想されます。早朝営業していないところでも9時もしくは10時からオープンしています。

吉原はソープ街として残っている

吉原は現在はソープ街として生き残っています。交通の便がそれほど良くありませんので、遊びに行きたいのならば最寄駅より無料で送迎を頼むことができます。深夜は24時までしか営業ができませんので、早めに遊ぶようにしてください。